厚生労働省も認可しているヨ

医療機器はだれでも自由に製造・販売することはできません

世の中にはさまざまな医療機器が出回っています。でも、それらを利用しても何の効果もなかったり、逆に害を与えてしまうようでは国民は困ってしまいます。そこで、「薬事法」という法律によって「確かな有効性と安全性がある」と判断されたもののみが医療機器として認められ、製造・販売してもよいことになっています。

検査を行うのは、厚生労働省所管の「独立行政法人 医薬品医療機器総合機構」。ここで「人もしくは動物の疾病の診断、治療もしくは予防に使用されること、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具」と判断されると、医療機器として認定されます。

アスモ君は無事検査に合格しているヨ

アスモ君(アスモケア)は2010年7月27日、無事この検査に合格し「医療機器」として認められました。認定番号は次のとおりです。
【指定管理医療機器認定番号:222AGBZX00182000】

これは、独立人行政法医薬品医療機器総合機構のホームページ内の
認証品目リストの公表について」で、PDFかExcelの「認証品目リスト」を開くと見ることができます。上の番号もしくは「アスモ ケア」の名前を検索すると確認することができます。
http://www.pmda.go.jp/index.html

アスモ君の品質

1.「社団法人 日本ホームヘルス機器協会」企業賛助会員

社団法人日本ホームヘルス機器協会は、家庭においてセルフケアを目的として用いられる家庭用医療機器、健康管理機器等に関しての品質・有効性・安全性を確保し、健全で公正な取引を推進する公益法人です。
協会員のホームへルス機器製品には、「信頼と安心」の証としてHAPIマークを貼付しています。また、HAPIマークには生産物賠償責任保険(PL保険)が付保されております。

HAPI

2.「米国財団法人 野口医学研究所」品質推奨商品

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者・野口英世博士の業績を記念し日米医学交流の促進を目的に1983年6月登記・1985年5月免税措置等アメリカ政府の認可を受け、フィラデルフィアに設立された米国財団法人です。

米国財団法人 野口医学研究所

品質推奨証

全国膠原病友の会 ~賛助会員だよ

フィットラボは全国膠原病友の会を応援しています。

アスモケアの力【目次】

PAGETOP