社会貢献するということ ~私たちの活動

フィットラボは「元気で明るい日本を創る」ために、みなさまの健康をサポートする商品を提供し続けています。さらに、それだけではなく「スポーツによる青少年の育成」「医療」「被災地支援」をキーワードとした社会貢献活動が必要だと考え、NPO法人や企業と協力し、様々なことに取り組んでいます。

フィットラボが取り組む「社会貢献」

過去の活動

■ページのトップへ戻る


フィットラボスケート部 三輪準也 選手


現在の国内ランキング(2016年度3月14日現在)

3000M 1位 3:50.21

1500M 7位 1:49.29(1位 中村奨太/ロジネット1:46.24)

1000M 9位 1:10.56 (1位 中村駿佑/EH(株)1:08.48)

5000M 10位 6:41.32(1位 土屋良輔/専修大学 6:23.99)

500M 13位 35.60(1位 羽賀亮平/日本電算34.44)

 

 

試合結果

・2017/2/17-19 第15回エムウェーブ競技会(長野エムウェーブ)1500M優勝 1:49.69(大会新)、1000M 失格

・2017/1/26‐2/9
★NEW★ユニバーシアード大会(カザフスタン)

1500M3位入賞 1:49.61
チームパシュート 日本チーム2位入賞 4:03.77

2年に1度開催の23才以下の世界大会で、日本代表として出場し、1500Mにて1位と0.31秒の近差で銅メダルを獲得いたしました。また、チームパシュートでは日本チームとして一戸誠太郎選手(信州大)、小川翔也選手(専修大)と共に出場し、1位の韓国と3.34秒差で銀メダルを獲得しました。応援ありがとうございました!

 

・2016/2/4ジャパンカップ第4戦 第4戦はユニバーシア―ド出場の為、欠場しましたが、ジャパンカップ1~4戦の総合得点で1500M・マススタートの2種目で総合優勝いたしました。


・2016/12/28‐29 全日本スプリント選手権(長野エムウェーブ)総合34位 1日目500M9位35.60(自己ベスト)1000M3位/2日目500M転倒により34位 1000M6位

・2016/12/20-21 全日本スピードスケート選手権(北海道 帯広十勝オーバル)500M優勝35.83/1500M6位/5000M14位

・2016/12/2-4 ジャパンカップ第3戦 1500M優勝1:52.13(恵那リンク新)/5000M2位

・2016/11 ジャパンカップ第2戦 1500M優勝 1:49.55(伊香保リンク新)/マススタート優勝/5000M9位

・2016/11 ジャパンカップ第1戦 マススタート優勝 /1500M2位/5000M5位  

・2016/11 帯広の森競技会 1500M優勝 1:50.35(大会新)

・2016/10 全日本距離別選手権 5000M9位・1500M14位・マススタート出場

・2016/9 明治十勝オーバル競技会 1500M優勝1:49.29  


PROFILE

生年月日 1993年7月6日

身長・体重 171cm 66kg

出身地 北海道中川郡幕別町

出身校 白樺学園→法政大学

自己ベスト 

500M35.60 /1000M1:09.62 /1500M1:49.29 /3000M3:50.21 /5000M6:37.58

経歴

中学・高校・大学とスピードスケート中長距離で日本一を経験。2016年4月にフィットラボ入社。5月~8月はドイツへ渡航し、ドイツのぺヒシュタイン選手の練習チームに加わり、各国の代表コーチを歴任したピーターミュ―ラー氏のコーチングを受ける。8月中旬に帰国。現在、日本代表入りを目標にスケート競技にとりくんでいます。

PHOTO

応援メッセージ

「三輪選手へ」とご入力ください。三輪選手へと届けられます。

個別に返信できませんので、予めご了承くださいませ。

メッセージはこちらへ



私たちの活動【目次】

PAGETOP